タグ:紺屋 ( 5 ) タグの人気記事

アホでも分かる藍染講座④

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

ご無沙汰しております。
桜も散り、雪が降りましたね。うん。おかしいですね。

これは… 農作物を生業にしている人はきっと困るんじゃないでしょうか?

本日④時間目は最初のインジコ 【すくも】 についてですが
すくも作りも丁度今頃に種を蒔きますので心配ですね。

さてさて。何度も言いますが藍染とは

葉に含まれる色素インジカンを様々な化学変化を経て
最終的に糸・布に色素インジコという状態で安定させる。

ということです。
実はこの葉に含まれる色素インジカンは水に溶けます。

水に溶ける…??

…ってことは染められるじゃん!!

そうなんですよ。溶けるんです染まるんです!!

この特性を生かしたのがご存知、藍の生葉染めです。
葉と布をゴシゴシ揉んだり、葉を水に浸して色素が溶け出した時に染色します。
最も原始的で藍染のルーツはこの生葉染めと考えられます。
お客様と話していると、藍の生葉染めをしたことがある人が結構いるのに驚きます。

この藍の生葉染め、私にとってかなり可能性を秘めた染色法ではないかと興味深深です。
なぜなら絹やウール系の動物性繊維の素材を痛めず、堅牢で薄い色を出せると思うからです。

カシミヤ、アルパカ、ウール、正絹。動物性の繊維を堅牢で薄く光沢のある水色に染める。
これこそが多くの紺屋の目標なのではないだろうか?
(この辺の話は長くなりそうなので別の機会に書かせて頂きます。)

でもね…。
前述したように葉に含まれる色素は、ほんのチョビットのハナクソヤローなんですよ。
しかも葉が茂っている時期、その場でしか染色できない上、濃い色は出せないときたもんだ。

ハナクソ程の色素じゃ仕事になんねぇーよ!!

って先人が言ったかどうか知りませんが、多分仕事にならなかったんでしょうね。はい。
だからね。沢山の葉をギュ~…っと濃縮できねぇかと知恵を絞ったんですね。
ここがスゴイ所ですね。化学変化や菌という概念がない時代に経験と勘で
なんなく乗り越えるわけですから。

葉を刈ると水溶性の色素インジカンは酵素の働きで見る見る不溶性のインジコに変わります。
乾燥した葉は真っ青になり、この時点で不溶性のインジコですから染色できません。
一旦インジコに安定してしまえば、建てて(還元して)いつでも染色できますし
何より出荷できるのです。

しかしそのままでは大変な量の乾燥葉ですので、約100日間醗酵させ堆肥状に
ギュ~…と濃縮させます。そうして出来上がったもの。
つまり、タデの乾燥葉を堆肥状にしたものを 【すくも】 といいます。

言い換えれば 【すくも】 とは少ない色素をギュ~…と濃縮させて、
いつでもどこでも染色できる状態にした堆肥状のタデの葉ということです。
c0182784_1436626.jpg

【藍を切り返し醗酵させる播磨藍・村井さん】
※私がお世話になっている藍師さんですが、染色α2005.6の掲載写真ですので
 問題があれば削除いたします。

約一年を費やして栽培から醗酵、そして 【すくも】 までの工程を製藍といい
製藍を生業にする人を藍師 (あいし) といいます。

基本的に藍師が 【すくも】 を作り紺屋が染色するという分業なのです。

この 【すくも】 の製藍技術と醗酵建ての技術があれば、いつでもどこでも
藍染ができるようになったのです。

そして時は江戸中期。各藩の奨励もあり木綿が爆発的に庶民に浸透してゆきます。
綿や麻等の植物性繊維と醗酵建ての藍は、堅牢性も染色条件も相性がとてもよっかのです。
(他の草木染めは絹やウール等の動物性の繊維と相性が良い。)

木綿の普及製藍技術醗酵建技術、この3つが見事に噛み合った事によって
Jaan Blueと言われる程に日本人の日常生活にとって、不可欠な染め物となっていったのです。


江戸時代。

それは藍染のみならず染織工芸、いや全ての伝統工芸が切磋琢磨し絶頂を迎えた時代でした。
まさに手仕事の黄金時代と言えるではないでしょうか。

※独学ですので、間違った表現や訂正すべき箇所はご連絡下さい。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-04-18 15:08 | 藍染の話

アホでも分かる藍染講座③

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

③時間目。前回の続きです。
実は前回書いた文章が長すぎて二回に分けたのでした。
だってblog長いと読むのメンドクサイじゃん?

って今回も長くなっちまったよ。

ではでは。
この葉に含まれるインジカンという色素が葉から布まで、一体全体どんな姿に
化学変化して不溶性のインジコで安定するのか、でしたね。

前回のblogもう一回読んでください。そうすればなんとなく繋がります。


え~…まぁ…ざっと書くとこうなります。


インドール → インジカン → インドキシル → インジコ → ロイコインジコ(化合物) → インジコ ( 葉 )     ( 葉 )     ( 葉 )   (すくも、沈殿藍)  (染色・酸化)     (糸・布)

(溶ける) → (溶ける) → (溶ける) → (溶けない) → (アルカリ下で溶ける) → (溶けない)


……zzzZZZ zzzZZZ......zzz

が…頑張ろぅよ。 まだ③時間目だよ。

こ…この上記の化学変化、インドールをインジコへ誘導することをインドール誘導体といい
か…還元して生成・酸化して元に戻るものをロイコ化合物といいます。

もう…何がなんだか…。

ってアホでも分るんじゃなかったんかぃっ!!
いつも参考にさせて頂いている『【染太郎の口伝書】北澤沢勇二 著』によれば、
この最初の色素、インドールは糞便にも含まれているそうで、藍独特の醗酵臭は
そのためだそうです。

小生が、『藍甕は肥溜めみたいなもんです。』とか『このクソヤロー!』
と叫んだのもあながち間違っちゃいないのでした。

さてさて。

この上記の化学変化を灰汁醗酵建ての場合、
藍菌とアルカリ(灰汁・石灰)と空気でコントロールします。
とくに、藍菌は菌ですので、居心地のよい温度、アルカリ度 (ph) にして機嫌をとってやり
酒やふすま (地域によって変わる) などの栄養も必要とします。
また藍菌も疲れますので、一日に染められる量に限りがあり量産は絶対にできません。

よく、【藍は生きている】と表現されるのは、このためですね。
c0182784_15443753.jpg

灰汁醗酵建ての天然藍染は、草や灰に含まれる多くの不純物が、
素朴で深みのある紺を出してくれます。
染色堅牢度(強さ)が他の草木染めに比べ群を抜いて高くそして何より環境循環型染料です。

化学薬品を一切つかわず染色ができ、空気により発色するので媒染剤も必要としません。
草木染が環境や身体に良いと言われますが、多くの草木染は媒染剤で発色させていることを
覚えておいて下さい。市販されている媒染剤は下水には流せません。

色素を使いきった草(スクモ)は酒やふすま等の色々な栄養も含んだ腐葉土になっていますので
畑の肥やしとして土の還ってゆくのです。

また、灰汁は硬い木の灰から作りますが、灰汁を取りきった灰は陶芸家の釉薬として
再利用されるのです。我がblue-works工房では益子の鹿丸さんから灰を頂いています。
クドや囲炉裏の生活もしてませんし、薪で焼く陶芸家も殆どいませんので灰の入手が
困難なのです。

灰汁醗酵建て。
今ではそれ自体が商品価値になっていますが、ほんの120~30年前までは
当たり前で、全ての藍染めが国産のスクモの灰汁醗酵建てだったのです。
草木染めだって自然界の物質で媒染していたのです。

当たり前の事が当たり前でなくなって長い時間が経ってしまったので、忘れてしまったのです。

昔の生活に戻ることなんて絶対不可能ですが、(私自身そんな生活はしてませんし。)

知らないのと、知っているのはエライ違いなのです。
これは衣食住全てにおいて言えることなのです。

開国して失っモノも沢山あるぜよ?坂本さん。


次回は最初のインジコ、【すくも】についてです。

※独学ですので、間違った表現や訂正すべき箇所はご連絡下さい。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-04-04 15:56 | 藍染の話

アホでも分かる藍染講座②

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

おはようございます。いい天気ですね。

さて。二時間目でございます。

え~… 

前回の復習をしますと、

藍染とは 様々な化学変化を経て、インジコという色素で安定させる でしたね。はい。


…大丈夫ですか?
…忘れてましたね?


今日はですね。
様々な化学変化を経てとは何ぞやというお話です。
なぜ化学変化をしなくてはいけないのか? ということですね。

もうね。
化学変化って聞くだけで眠くなっちゃうんでね、結論から言いいますよ。

インジコ色素が水に溶けないからです。
はいコレ超重要です。

この【インジコ】という誰もが耳にする色素。
コイツがなかなかメンドクサイ奴で、水に溶けないんですよ。
この特性が色移りせず、堅牢な生地を生み、最終的に大いに活躍してくれるんですが、
その前に染められないんですよ。はっはっは。
染料じゃなくて顔料ってやつですね。基本的に。溶けないから。

じゃあどうやって染めるんかい!!

って話になるんですが、ここでやっと様々な化学変化ですわ。

染められるように (水に溶けるように) 化学変化させてやるんですわ。
ソレを建てると言います。
はいキタこれまた超重要です。テストに出ます。

灰汁と藍菌の醗酵で建てるので  灰汁醗酵建て
化学薬品で建てるので        化学建て

となるのです。

色素が (インジコが) 水に溶ける状態 (建った状態) で染める。

でもね。。。
糸・布にインジコが水に溶ける状態でいたら、洗った時に落ちたり色移りしちゃいますよね?

だったら水に溶けない状態に戻したらんかいっ!!

って事になりまして、これが実にウマイ事できていて空気に触れて (酸化して) 発色し
不溶性のインジコに戻るわけですよ。

まとめると。

不溶性の色素インジコを

水溶性の染められる状態に化学変化させて( 還元させて ) 染める。

&酸素とくっついて ( 酸化して ) 不溶性の色素インジコに戻る。


つまり私達が見ている青く染まっている糸・布は不溶性のインジコでありまして、
色移りしない堅牢な生地なんですね。う~む。エライ!!
c0182784_15405945.jpg

 ↑ このパンツは私が実験的に洗濯機で普通の洗剤で洗濯したパンツです。
   撮影当時は多分、5年くらいたっていたと思いますが、染めていない部分に藍が
   移染はしていません。摩擦により色はあせていきますが、移染は理論上ありえないのです。
   染めたての時は他の衣類に【乗っかる】ることもありますが、洗えば落ちます。

まさに自然界で巻き起こる菌と化学変化のアドベンチャー。
なぜこんな事を思いついたのか、どうやってここに辿り着いたのか、
知れば知る程、噛めば噛む程、先人の知恵に脱帽するばかりなのです。

次回はもう少し詳しく、専門的に色素がどのように変化してゆくか?
をお話したいと思います。

藍染って本当にいいもんですね。
さよなら。さよなら。さよなら。

※独学ですので、間違った表現や訂正すべき箇所はご連絡下さい。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-04-01 16:06 | 藍染の話

アホでも分かる藍染講座①

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

三寒四温。
甕の温度管理がメンドクサイ…じゃなくて
少しづつ春の匂いを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
少々、荒っぽい題名になりましたが、ご了承下さい。

社会に出た頃。
カッコイイ横文字は使わなくていいから、アホでも分かる企画書を書きなさい。
できれば猿でも分かる企画書にしなさい。良い企画書とはそういうもんです。
と、口をすっぱくして言われた名残です。
猿以下の小生には無理難題であったのは言うまでもありません。

ここ数日、久々に藍菌のヤローに完全に踊らされております。
Mっ気がない小生にとっては頭にくるだけでちっとも嬉しくなく、甕に向かって
『このクソヤロー!!!』と世界の中心で藍を叫んでもやっぱり何も返ってこないのです。

さて。藍が寝たと書きました。

いい機会なので、たまには染色家らしいクソ真面目な話を、藍染色の
メカニズムや藍染業界の裏側を数回に渡って書こうと思っております。

ちっくと眠~い話になすきぃ、覚悟しておいてつかぁさい。
c0182784_18325530.jpg

【藍染め】とはどういうものか? を超ざっくり説明しますと

葉に含まれる色素インジカンを

様々な化学変化を経て

最終的に糸・布に色素インジコという状態で安定させる


ということです。これが大まかな基本です。
どんな藍染もこの一連の流れなのですが、それを

自然界の恩恵による作用(藍菌の醗酵による還元作用)で行うか
てっとり早く化学的に人工的な作用(ハイドロ、亜鉛末等の還元剤)で行うか


によって大きく仕事の内容が変わってくるのです。
私としては商品の価値そのものが大いに変わると思います。

それでも葉から抽出した色素なので、両者とも天然藍、正藍、本藍と称されます。
この辺が大変大きな誤解と疑問が残る所ですね。

さらに言いますと、
葉から抽出する色素量なんて、ハナクソ程で栽培もしなくちゃなりません。
じゃあ作っちゃおうぜってのが人造藍、化学藍、インディコピュアというものです。
これはタールコールから精製するもので、もう草木染めの類ではありませんね。


現在、日本の市場ではこれらを全部【藍染め】というくくりで表現しています。
そして市場に流通している『藍染め』の90%が化学藍による染色商品であります。
(※90%という数字は正確ではありません。推測される数字です。)

↑の文章をまとめると…

●天然藍(すくも藍、沈殿藍)の灰汁醗酵建て
●天然藍(すくも藍、沈殿藍)の化学建て

●化学藍の醗酵建て(割り建てといいます。)
●化学藍の化学建て

と大きく分類することができます。
少々ややこしいですが、ここを押さえておくとグッと藍染の事が面白くなりますので、
最後まで、辛抱強く付き合ってやって下さい。


はい!今日ははここまでです。

※独学ですので、間違った表現や訂正すべき箇所はご連絡下さい。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-03-28 18:33 | 藍染の話

King of Textile. -木綿-

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

仕事がら色々な天然繊維に出会います。
その中で世界中で最も生産され、多岐にわたり使用されている糸は綿です。
そのシェアは天然繊維の全生産量の約50%を占め、まさに布の王様と言えるでしょう。
クローゼットを開けてタグを見れば、驚くほど綿製品が多いことに気付きます。
丈夫で温かく、通気性に優れ一年中使える綿。
王様のクセに庶民的なにくいヤツなのです。

c0182784_19524042.jpg

しかし、木綿が我々の生活に欠かせない『庶民の布』になったのは
江戸中期頃なのでせいぜい3~400年位の歴史です。
でも400年も防衛してるんですから立派なもんだぁ。
いつもお世話になっております。

さて、古より木綿・絹は大陸より伝わっていましたが、
それはとても高価な布で位の高い人のものでした。
ご先祖様が着ていたものは麻や藤のような草木の繊維を裂いて織った布
いわゆる『自然布』又は『原始布』と呼ばれるものでした。
(この自然布、現在はメチャクチャ高い!)
冬でも麻。雪国でも麻。これは寒いぃぃ。

戦乱の世が終わり、国が安定すると栽培に適した地方で綿花の栽培が始まり
丈夫で温かい綿は爆発的に庶民に普及しました。

客A「おぉ、こりゃ温かくていいなぁ~」
客B「しかも丈夫だべ。経済的だべ。」

しかし庶民の生活は今回の不況よりまだまだ厳しく、年貢もたいへん。

客B  「オラもっと丈夫なのが欲しい。仕事でも使えてオサレなヤツが。」
呉服屋「へい。いつの世でもお客様のニーズにお答えするのが我々アパレル業の仕事
     でございます。旦那ぁ、この藍染はいかがでしょうか?きっと粋に見えますぜ。」
客A  「ほぅ…こりゃいい色だな。」
呉服屋「さすがお客さん、目が肥えてらぁ。藍染ってのは染めると糸は2倍、生地は1.5倍
     強くなりますぜ。しかも抗菌作用のおまけ付き!野良仕事で汗かいても匂わない
     ってぇ優れもん。買わなきゃソンソン。
     なぁ~にボロくなったら染め直して何年も着ればいいってもんよ。」

綿の普及に伴い多くの紺屋(藍染屋)も開業しました。町内に一軒ってくらい。
それは他の草木染めと違い、藍は綿との相性がよく、気持ちよく染まったからと
考えられます。
庶民の布ー綿。庶民の染料ー藍。
いまでは随分出世しちまったなぁ~。

【余談】この時代、日本人が皆こぞって藍染を着ているのを見た外国人は
     「なんて紺色が好きな民族なんだ。なんて綺麗な紺色なんだ。これは日本の色
     Japan Blueと呼ぼう。」藍染をindigoと呼ばずJapan Blueと呼ぶ由縁である。

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-10-27 19:55 | 生地の話


天然藍染工房blue-works    のブログです。


by blueworksjonnobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Official Homepage


【天然藍染工房ブルーワークス】


藍染の通信販売。
オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。

◆◆◆ N E W S ◆◆◆

【カフェ休業のお知らせ】
カフェ・ギャラリーは只今
長期休業しております。
お間違えの無いよう
何卒宜しくお願いします。

【藍染体験のご案内】
天然藍を体験してみたい方や
染めて欲しい布や糸がある方は
お問い合わせ下さい。
℡048-984-7433


◆◆◆ L I N K ◆◆◆

【つれづれ雑記帳】
版画家/イラストレーター
野見山 響子さんのblog
兎とか羊とか旅してます。

【新!泥声人語】
陶芸家/アートディレクター
出町 光識さんのblog
art! art! art!
陶芸家というより、美術家。

【cafe furacoco】
野田にある古民家カフェ。
本当に食べたい飯が
ここにはありました。

【Daisuke Nakagawa】
フョトグラファー
中川大祐さんのblog
ヤツの写真はエロ切ない。

【TANGIERS CAFE】
草加のお洒落cafe&bar
男臭くて好きだなぁ。

【 OPUS 】 
Handmade shoes
靴作家
井竹宏幸さんのblog
ここぞって時に履きたい靴。

【 himecov 】
料理人
清水 愛さんのblog
心あるケータリング。
響くわ。

【江州屋メモ】
昭和2年築のゆらゆら
ガラスの商店には鍛鉄作家
加成幸男さんの鍛鉄作品
が並んでます。

【着物の葛籠】
着物スタイリスト
鳴海 彩詠さんのblog

【RIKA ARAI designs 】
デザイナー/パタンナー
荒井リカさんのblog
ワールドワイドな作家。

【あの扉開くまで。行くのだ。】
木製の椅子
Vo/シマダユリカ
G/松澤雅城のblog
お前らカッコ良すぎ!!!

カテゴリ

全体
藍染の話
カフェの話
古民家の話
生地の話
おもしろき人々
日々のこと
映画の話

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新のトラックバック

タグ

(72)
(44)
(33)
(30)
(26)
(23)
(17)
(11)
(10)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧