カテゴリ:古民家の話( 12 )

趣味左官。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

地震でパラパラと壁の土が落ちてくる。
まぁ、これは土を一回しか塗ってない荒壁の状態で、なんか雰囲気があったので
そのままにしてたんだよね。
本当はこの上にもう2回程土を塗って、最後に石灰で仕上げるのが漆喰といわれる壁だと思う。

嫁さんのリクエストもあり、とりあえず壁を塗ることにしたよ。

「民家ってのは暗いからカッケェんだぜ?」

なんて言ってたんだけど、ここだけは明るくしてくれと言われる。

使用したのは「サメジマあんしん珪藻土」。

様々な珪藻土があるが、成分をしっかり表記しているのはこのメーカーくらいだ。

自信の表れだろう。
c0182784_15523221.jpg

うむ。壁の色ひとつで大分雰囲気も変わるものだ。
なんか急に大正ロマンな感じになったな。そして勢いあまり壁も作る。

5月から本格的にこちらに住むし、6月には新しい家族が増える。

うむ。ここから出直すとしよう。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2011-04-28 15:58 | 古民家の話

桜咲く。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

実家の桜が満開を迎えました。
毎年ちゃんと仕事してくれるニクイ奴です。

この桜は、30年位前に土手に捨てられていた苗木を兄貴が拾ってきて植えたのです。
両親が古民家を移築した時も、せっかくだからと移植し今に至ります。
なかなか運の強い奴。

小・中・高・大学と入学式の朝に年々大きくなるこの桜の下で写真を撮りました。
とても思い出の多い木です。

これから始まる青春にとってもドキドキした事を思い出します。
c0182784_11505141.jpg

この前、オギャ~と生まれたと思っていた甥っ子が中学に入学しました。

なんか声も変わっちゃってね。
「ねぇねぇ。坊主にすんの? え? 今どきはしないの? 楽しそうだなぁこのヤロー。」
って完全にちょっと可笑しな親戚のオッサンに成長しました。

桜って何年位いきるのでしょうか?

100年? 200年?
俺の孫の孫の孫くらいまでは、この桜の下で写真を撮るのでしょうか。
c0182784_129563.jpg

ここが離れの染め場。 俺は「藍小屋」と読んでいます。

ここで藍染めを学びました。
糊を置いたり、干したりと俺の工房なんかより沢山の染め物ができます。

宴会好きの親父は、ここでよく昼間っから飲んだくれていましたね。
最近は酒が弱くなったらしく、植木や畑に健康的ですが、親戚が集まれば

やっぱ・・・飲んだくれてますね。
鍋奉行ならぬバーべキュー奉行です。今年もそろそろ開催です。

そしてこの後、桜が散って新緑と同時に大量の毛虫が襲ってきます!!!

親父頑張って!


応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2011-04-10 12:39 | 古民家の話

鳴かぬなら。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

ご無沙汰しております。

珍しく雪がチラホラ舞ったり、寒い日が続いておりますね。

毎朝、布団から出るのがシンドイですね。
お前が先に出ろよ。いやいやアンタが先に。ど~ぞど~ぞお先に。
と、けん制しあう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

あ。お宅もですか?

少々、blogをサボってしまいました。

何をしていたかと言えば、
前回書いたように、ショボくなった生垣スペースをどうにかしようと…。

さてさて、どうしてくれようか…な。

こう見えても、ワタクシ転んでももただでは起きねぇゾ!と。

うむ。

現場監督の上司、かなり偉いっぽい人に、移植の中止を言われたとき-。

「ハイ!大変ご迷惑をお掛けしましたぁ!」

と、すんなり引き下がる事にしました。

しかししかし、

さぁ~てさて、どうしてくれようか…な。
ぜってぇタダじゃ起きなねぇゾ!

まず、その日の夕方に監督、職人、ガードマン全員に温かい缶コーヒーの
差し入れをした。そして偉い人の所へ行き、

「最終的には重機で倒して廃棄するんですよね?
 そ・の・と・き・に、必ずご一報下さいね。」

と、名刺と店のチラシを置いて帰りました。

待つこと3日…。

知らない番号から携帯が鳴った!!

少し心踊る。んで、ドキドキしながら出る。

「アンタなかなかメンドウクサイ人ね。2日間だけ、現場に入ってもいいよ。
 た・だ・し!! ガス管、水道管ぶっ壊したら2~30万掛かるからね。」

「……は…ハイィ~。」
c0182784_20291411.jpg

鳴かぬなら 自分で鳴こう ホトトギス。

渡辺 大志

うむ。イマイチ。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-02-19 20:35 | 古民家の話

訂正とお詫び。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

お詫び申し上げます。

先日のblogで、解体現場から植木をもらいに行こうと書きましたが
どうやら、雲行きが怪しくなってしまいました。

う~ん。残念。

本日ノリノリでヒイラギを引っこ抜いていたところ、
監督の上司っぽい人がコッチを見て監督と話している…

ん~…なんだか嫌な予感。

で、やっぱり俺のほうに歩いて来る。

「あのぉ~すみませんが… …。」

ひぃぃ~! やっぱりっ!!! ひぃぃ~!

お偉いさんの言っている事は立場上、当たり前のことでした。

・工事現場は立ち入り禁止。
・万が一のケガ等の責任。
・子供が入ってしまう。
・納期がせまっているため、集中したい。

ごもっともでございます。すみません。

そして自分のワガママに快く了解してくれた若い監督さん。
多分、怒られたんだろうな…。本当に申し訳ありませんでした。

blog読んでくれたご近所の皆様へ。
現場は立ち入り禁止と強く言われてしまいました。
植木移植はできなくなってしまいました。
誠に申し訳ありませんでした。

もう一つ問題が。
生垣スペース確保のため、店の前のツツジを全て移植してしまったよ…。
丸3日かけて、なんとも寂しいツラ構えになってしまったよ…。
しかも超中途半端にヒイラギ2本だけ移植してしまったよ…。

に…2本って。。。。

う~む。

Do it yourself  まったくもって心踊らず…。

ドンマイ。
c0182784_15354669.jpg


応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-02-08 15:39 | 古民家の話

Do it yourself !!  

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

本当に少しづつですが、じょんのび の営業と平行して
工房やら、トイレやら、庭やら色々いじくっているわけです。

これはね。
まぁ…金がないから自分でやっている
というのが一番の理由なのですが、

もう一つ。
「家なんてもんはな、買うんじゃなくて作るもんなんだよ。」
というある人の言葉の影響もあるんですよ。

…いやいや、これは「自分の手で作れ」という意味ではないんですけどね。
既製住宅をポンと購入するのではなく、設計士や大工としっかり向き合い
自分の目・耳・足で勉強して、自分らしい家作りをしましょうってことなんですけどね。

まぁでも、少なからず古民家ってのはある程度、体が動く限り、
自分達で修復するワケですよ。
ぶっ壊れたら直すという感じで昔っからそうやってきたんですわ。
趣味だと思えば、これがなかなか楽しい。

ココ仕上がったら、次あそこ直す。
あそこ仕上がったら、アレ気に入らないからぶっ壊す。
将来的にはアレはこうしてコレはどうして…

まぁ…永遠にアホみたいに繰り返すわけですよ。

で。

ずっと気になっていたのが、玄関と工房のアプローチ辺り。外観ですな。
実家からパクってきたツツジが植わっているんだけど、

やっぱ、ちょっと緑が少ねぇなぁ…。
もっとこう…もっしゃぁ~ってしたいなぁ…。
ん~…やっぱ生垣だろ。

って、ずっとどっか引っかかったまま一年が過ぎたある日。

町内に40戸くらいある、ある会社の一軒屋社宅に重機が入って
家をバンバンぶっ壊している。

多分、景気が悪いから会社所有の土地を売っぱらったんだと思う。
とにかく年末くらいにそこの2区画くらいはゴーストタウンになって
今現在バンバンぶっ壊している。

それは、まぁ…しょうがないんだけど。

社宅だったんでね、生垣がしっかり成長してキレぇ~イにされてるんですよ。とても。

で、多分ね。産業廃棄物として捨てるんですわ。

ハウスメーカーの効率重視の仕事ですから。えぇ。


…もったいなっっ!!!

すっげ…もったいなっっ!!!

& 欲っしぃ~~。めっさ欲っしぃ~~。

あんだけ太くキレイに剪定された生垣は、買ったら結構な値段するよ。

よっしゃ。現場監督に会いに行こう。


「監督さぁ~ん!!監督さんどなたですかぁ~!」

「どうもどうも、私あれこれこういう者ですが、この区画の植物…
 捨てるんですよね? …捨てるんですよね? ふっふ~ん。やっぽ捨てるんですね?
 ふ~ん…。だったらこれ…頂だけちゃったりしませんかねぇ?」

「…い…いいよ。どうで来週には捨てるんだから。好きなだけ持ってって。」


ぉぉおお! よっしゃぁ~! 生垣ゲッット!!

Do it yourself !! 心躍るぜっ!!

とにかく時間があまり無いから、すぐ動こう。とりあえずツツジ移植して生垣スペースを作らねば。
c0182784_1274686.jpg

このblogを読んで、興味のある方。

ぜひ解体現場に来てみてください。

プロみたいな仕事はできないが、生垣を作ろうぜっ!!!

サザンカ、ヒイラギ(モクセイ)、その他色々な成長した生垣になる植物があります。

自分で抜いたり、運んだり、メンドクサイことも多々ありますが、生垣があると
目隠しになるし、家の見栄えがぐっと良くなります。

恥ずかしいなんて、これっぽっちも思うことはありません。

監督が言うには来週か、遅くても再来週に撤去する予定だそうです。

Do it yourself !!

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-02-07 01:30 | 古民家の話

時は再び。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

中は暗くて、ひんやりとした空気、壁は崩れて、畳は腐っていた。
ずっと囲炉裏、クドの生活だったようで、柱や梁は真っ黒くススで覆われていた。
少し焦げたような匂い、カビの匂い、土の匂いが混じっている感じだった。

おじいさんはポックリ逝ったのか、台所はそのままで、土間には作業途中だったのか
農具や、稲の籾殻が散らばっていた。
c0182784_19161552.jpg

ぽつり、と中島さんが言った。

「この家は平屋だ…。
 この辺の集落は雪が深い。相当な貧乏農家だったんだろう。
 来る日も来る日も雪かきに追われたんだろうな…。」

確かに今まで見てきた新潟の民家より小さくて低い。

が、木はどの民家より面白かった。
貧乏だったからなのか、センスなのか、どの梁も好きなように曲がりくねり、動きがある。
それなのに、うまい具合にガッチリ組み合っている。
全ての木に手斧(ちょうな)の痕があるのも魅力的だった。

天井ウラはどうなっているのか気になり、屋根裏に登ってみると、
200年分の埃といススにまみれた見事な木が横たわっている。
c0182784_1916228.jpg

最初の主はどんな人だったんだろうか…。
やっぱり、ちょん髷だったのかな…。
ここで女の人は機を織ったのかな…。
そこの土間には馬がいたんだろうな…。

上で色々想像していた時、軽い揺れを感じた。
怖くなって急いで降りると-。

止まっていた時計の振り子がフラフラ揺れている。

もちろん地震のせいだが、

それがどうにも印象的で、止まっていた時間が再び動き出したように思えたのだ。

「俺、この家に決めたよ。」

to be continued later.

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-11-16 19:20 | 古民家の話

一軒の古民家に出会う。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

「中島さん、古民家は移築しちゃいけないかもしれない。
 この地の一部として在るわけで、ここに在るから意味があるわけで・・・
 なんていうか、埼玉には埼玉の古民家があるわけで・・・
 移築したら良さも意味も半分だよね。あくまで現地再生がいいんじゃないかな。。。」

黙って話を聞いていた中島さんが、震える手で2本目のいタバコに火を付け言った。

「・・・誰にも知られず、朽ち果ててゆくよりいい。先祖代々の家、自分が生まれ
 育った家を、思い出深い家を壊すのは皆、心がひける-。後ろめたさがある。
 
 ならば朽ち果てる前に、別の誰かが住み継いでくれればいい。
 移築したって、古材一本が家具になたって、ビルの内装だっていい。

 心が痛まない人はいない。そうやって皆、心に平安を求めているんだ。
 この先、こんな所に住みたがる奴なんかいない。」

親父も、オカンも、嫁も黙って聞いていた。

「もっと奥、大月村ってところに小さな民家があるんだが-。
 誰も住んでないから、もうじき朽ち果てる。
 今のお前達には丁度いいかもしれん。行ってみるか?」

そう言ってタバコの煙を吐き出した。

小さくボロい民家を目指し、山道を走っていると、所々土砂が崩れている。
やけに消防団の姿や消防車両とすれ違う。
皆の携帯が慌しく鳴りだしたが、山の中で電波が悪いのか中々聞き取れない。
何事かと、汚いカーラジオをつけてみた。

「ザ…ザザァ…マグニュ…ド6.8…ザ…新潟… …津波みザ…ザザ…」

山道を走ってので気付かなかったが、「新潟県中越沖地震」のど真ん中に俺達はいた。

中越地方沖を震源とする最大震度7、Mは6.8、死者15名、重軽傷者2,315名
建物全壊1,319棟と大きな被害が出た。

皆には黙っていたが…

何かの前触れか因縁か、2004年の中越地震の時、俺は妙高にいた。
お前のような愚か者が来る所ではない…と大地、神々の逆鱗にふれたのか。
俺は入ってはいけない領域に入ってしまったのかもしれない。

途切れるラジオの音が、より不安をかきたてた。

「中島さん、その家大丈夫かな?」

「なぁに、古民家は地震なんかじゃ倒れやしないよ。
 大分昔にも大きな地震があったけなぁ、この前の時も古民家は倒れなかった。
 倒れるのは戦後の家だ。昔の家は倒れない。」

色々考えながら揺れる山中を走った。

やがて-

人里離れた山の奥の奥、集落にも見捨てられたような所にヤツは在った。
c0182784_14354415.jpg

見事なまでの荒れっぷり、ボロさだった。

見てきた民家はどれも生活力に溢れ、美しく生きていたがコイツは違った。
家は主を失うと死ぬというが、完全に死んで息絶えているように見えた。

しかしその考えはすぐさま覆えされた。

コイツの前に立った時、なんとも言えない獲体の知れない感じがしたのである。
霊魂とかそういうのは信じないが、恐怖すら覚える「何か」を強くたくましく発していた。
廃墟ビルとか病院跡とかそういう「感じ」じゃない。
そういう類ではなく神々しいものであった。

死んでいるなら、そんなモノ発せないハズだ。コイツは生きている。

いや生きたいと主張しているのか?
早く殺せと言っているのか?
お前なんぞに貰って欲しくなくと怒っているのか?
地震は何なんだ。この地は俺を嫌っているのか?

俺は嘘なんてついていない。本当にそう感じた。

「中島さん…。笑わないで聞いてくれ。この家、絶対何かあるよ。いやマジで…。」

思わず手を合わせ、恐る恐る中へ入っていった。

to be continued later.

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-11-10 14:43 | 古民家の話

俺は何も分かっちゃいなかった。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

雪国の冬は厳しい。

集落の民家は2~300年程前、江戸中期頃のものが多かった。
その当時は山道も整備されてなければ、除雪車も車もない。
一年の約半分が雪に閉ざされ、外界との接点も殆ど無かったに違いない。

雪を降ろすのも、農作業も手仕事で人々は助け合い『結』で結ばれていた。
助け合わなければ生きていけなかった。

どの民家にも大変立派な仏間、仏壇、神棚があった。
アイヌ民族の文化もそうだが、『八百万の神』(やおよろずのかみ)と言うほど
神々が多く、納戸、土間、便所、台所、自然のみならず万物全てに神がいた。
精神的に神にすがらなければ生きていけなかった。
c0182784_1595168.jpg

村人の殆どが農業が生業で、冬の間は仕事がない。
中門造りの民家には『そら』とよばれる屋根裏があり、そこに冬に備え
藁や茅、績んだ糸、農具などを保管する。
地方によっては蚕を飼い、貴重な収入源となった。

『お蚕子様』と呼ぶのは人より大事だったからであろう。
同様に馬や牛も人より大切にされたという。

冬の間、女・子供は藁を編んだり、機を織った。
男どもは出稼ぎに行ったり山に篭り猟をした。

そうした冬の仕事が、『マタギ』と呼ばれる狩人や、越後上布・小千谷縮をもたらした。

想像以上に集落の生活は厳しかったに違いない。

幼い我が子を泣く泣く手放した。
幼い我が子を泣く泣く殺した。

多くの幼い命が飢えや病で消えていった。

そうした苦しく、悲しい時代があった。

何百年もの間、厳しい冬に耐え、風雪から主を守り、悲しい過去を背負った民家だった。

ショックだった。

村を出て行く若者を。 滅びゆく村を。 捨てられる古民家を。

『もったいないとか』
『こうな所に住んでみたいとか』

外の人間が簡単に言ってはいけない。

俺は何も分かっちゃいなかった。

目を輝かせてた自分がどうにも恥ずかしくなった。

to be continued later.

【補足】
新潟地方の民家は『中門造り』と呼ばれる設計が多い。
母屋にもう一つ小屋が出っ張ってくっ付いた造りである。

この出っ張った処が玄関で、そのまま土間、馬屋となる。
豪雪地帯の為、馬屋がくっ付いているのである。

東北地方では、これが少し変化して『曲がり屋』となる。

雪国では、屋根に積る雪の重さは2~3tにもなり、
雪の重みに耐えられるよう太い梁で建築される。

また、雪が落ちやすいよう急勾配の茅葺に工夫されている。
高さはビル3~4階分くらいあり、とにかく大きくて圧倒される。

世界遺産で知られる、岐阜県白川郷の『合掌造り』もまた
太い梁と急勾配の茅葺屋根である。

気候、風土、冬の間の仕事に合わせた、その地その地ならではの
見事に工夫された建造物である。

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-11-08 02:15 | 古民家の話

俺達は新潟へ旅立った。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

c0182784_1142848.jpg
07年の初夏、とても暑い日だった

両親と我々夫婦4人は六日町の
中島さんを訪ねた。

数年前に大病を患ったらしく
右手には麻痺が残っていた。

我々一向は中島さんに連れられ
彼の縄張りともいえる中・上越
地方の集落を目指した。

六日町をぬけ南魚沼、魚沼
小千谷、越後、上越と道無き
道を進んだ。




そして行く先々の集落で、とても信じられない風景が待っていた。
観光地でもない、世界遺産でもない、映画のセットでもない、生きた村。
今なお人々の生活の匂いのする郷里がそこにはあった。
c0182784_11423086.jpg
在る家、在る人すべてが
美しかった。

見事にその地その地の
『一部』になっていた。

とても写真や言葉では
表現できない美しさだった。

人が作ったモノでこれほど
感動を覚えたことは無かった。

世界の情勢などまったく
関係なくソコだけは完全に
時が止まっていた。




嫁と二人、ただただ息を飲んだ。
しかしソコには日本の原風景が確かに在った。
ひっそりと、当たり前のように在った。

雪の無い村は水々しく生きていた。
太陽の中『ジリジリ』と蝉が鳴き、
夕暮れに『シリリリリリ』とヒメギス。
夜にはカエルが鳴いている。
山の斜面も段々畑になっていてどんな庭園より美しかった。

震える右手で、やっとタバコの火を付けた中島さんが言った。

『夏はいい。しかし冬は戦いだ。』

to be continued later.

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-11-07 11:53 | 古民家の話

思いは新潟へ。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

c0182784_20591240.jpg
15、6年前、両親が新潟の
古民家を移築再生した。

その時世話になった
古民家解体業者・魚沼物産の
中島さんを頼った。

中島さんは30年以上前から
地元の古民家の解体・再生に
取り組んでいる。

今では古民家の保存や移築は
全国的な広がりをみせるが、
高度経済成長の真っ只中
失われゆく故郷、日本の原風景を残そうと立ち上がった男である。



古民家の移築には色々なルートがある。
古民家ネットワークなるもの使うのもよい。古民家に強い工務店を頼るのもよい。
しかしこれらは少ない予算ではなかなか難しい。どんな流通でも言えることだが
中に業者が入れればそれだけ高くなる。

一番安上がりなルート、それは民家の主と直で契約することであろう。
しかし、このルートは、外の人間には難しいし、かなりの経験が必要となる。
直で民家を探すことも考えたが、やはり地元の輪というか、こういう空気は
中島さんを通すのがベストだと思った。

足りない分は自分たちの汗を流すほか方法は無かったが、
中島さんもそのことに優しく背中を押してくれた。

雪解けを待ち、魚沼物産を訪ねると約束し、少しづつ古民家移築再生は動き出した。


そして、雪が解け初夏-。

美しい郷里が我々を待っていた。

to be continued later.

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-11-06 21:55 | 古民家の話


天然藍染工房blue-works    のブログです。


by blueworksjonnobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Official Homepage


【天然藍染工房ブルーワークス】


藍染の通信販売。
オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。

◆◆◆ N E W S ◆◆◆

【カフェ休業のお知らせ】
カフェ・ギャラリーは只今
長期休業しております。
お間違えの無いよう
何卒宜しくお願いします。

【藍染体験のご案内】
天然藍を体験してみたい方や
染めて欲しい布や糸がある方は
お問い合わせ下さい。
℡048-984-7433


◆◆◆ L I N K ◆◆◆

【つれづれ雑記帳】
版画家/イラストレーター
野見山 響子さんのblog
兎とか羊とか旅してます。

【新!泥声人語】
陶芸家/アートディレクター
出町 光識さんのblog
art! art! art!
陶芸家というより、美術家。

【cafe furacoco】
野田にある古民家カフェ。
本当に食べたい飯が
ここにはありました。

【Daisuke Nakagawa】
フョトグラファー
中川大祐さんのblog
ヤツの写真はエロ切ない。

【TANGIERS CAFE】
草加のお洒落cafe&bar
男臭くて好きだなぁ。

【 OPUS 】 
Handmade shoes
靴作家
井竹宏幸さんのblog
ここぞって時に履きたい靴。

【 himecov 】
料理人
清水 愛さんのblog
心あるケータリング。
響くわ。

【江州屋メモ】
昭和2年築のゆらゆら
ガラスの商店には鍛鉄作家
加成幸男さんの鍛鉄作品
が並んでます。

【着物の葛籠】
着物スタイリスト
鳴海 彩詠さんのblog

【RIKA ARAI designs 】
デザイナー/パタンナー
荒井リカさんのblog
ワールドワイドな作家。

【あの扉開くまで。行くのだ。】
木製の椅子
Vo/シマダユリカ
G/松澤雅城のblog
お前らカッコ良すぎ!!!

カテゴリ

全体
藍染の話
カフェの話
古民家の話
生地の話
おもしろき人々
日々のこと
映画の話

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新のトラックバック

タグ

(72)
(44)
(33)
(30)
(26)
(23)
(17)
(11)
(10)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧