カテゴリ:藍染の話( 43 )

蒼い手の男。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

絞りのように生地が重なる染めは、
甕(かめ)の中で布と布の隙間を触ってやります。
ムラなく染める為です。

普段はゴム手袋をして染めていますが、細かい柄は
布が何重にも重なり、どうしても指先の感覚が必要になります。
よって素手で甕にぶっこみます。
c0182784_1354742.jpg

1回2回の染色なら良いのですが、10回20回の染色になりますので
おのずと手も染まってきます。

皮膚の部分は3日もすれば、角質と共に落ちるのですが
爪の藍はずっと残ります。青いマニキュアのように。

Dances with Wolvesのスー族ならば
【蒼い手の男】とか【蒼い拳】とかカッコイイ名前で呼んでくれそうです。

ナウシカなら
「働きモンの手よ」と言ってくれそうです。

すくもを醗酵させている染液なので、健康上の問題はないのですが、
買い物してオツリを貰う時、困ります…。

『なんじゃっコイツの手はっ!!!』
と店員さんの顔に書いてあります。
近くのコンビニのお兄さんは、もぅ慣れました。

もし街でこのような手に会ったら、ソイツは藍染屋です。
優しくしてやって下さい。

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-11-02 13:56 | 藍染の話

『藍は生きている』 -天然藍灰汁醗酵建て-

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

c0182784_111677.jpgえぇ。生きてます。
若さや、老いもあります。
休んだり、寝たりします。


生きているんで機嫌もあります。
体調もあります。
仕事し過ぎると疲れます。
酒をあげると喜びます。
酔っ払って頑張ってくれます。


生きているんで死にます。
寒いと死にます。
飯食わないと死にます。


そして土に還ります。


もう少しちゃんと言うと。。。

藍(すくも)の色素は不溶性です。糸・布に染まりません。
水に溶けないのです。←ココ要チェックです。赤線です。

『染めれる状態』にするにはどうしよか…。

ここで醗酵の登場です。
先人達は自然と共生し、灰や醗酵と本当にうまく付き合ってきました。
木灰から灰汁(あく)を作り、灰汁を使って自然醗酵という化学変化を用いて藍の色素を可溶性の色素に変化させるのです。←この二行も要チェックです。
これを『建てる』と言います。

可溶性の藍に糸・生地を染めて空気にさらすと酸化し、不溶性の藍に戻ります。
藍で染まった糸・生地は水に溶けない藍の色素なのです。
ってことは。。。
色が移ったり、色落ちはあまり無いってことですね。よくできてますなぁ~。

さて藍を建てると(醗酵させると)それを維持しなきゃいけません。
醗酵は菌による活動なので、酸素や栄養(日本酒、ふすま等)を与え
20~25℃位で藍は生きてゆきます。

やがてその役目を終えた藍は良質の腐葉土として土に還ってゆくのです。

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-10-20 01:03 | 藍染の話

知ってほしい藍染のこと。

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

c0182784_1854751.jpg藍染め・・・
英語で言ったらJapn Blue。
日本人なら誰でも聞いた事がある単語。
俺の人生を狂わせた染物。
そして嫁、巻き込まれる…

藍染め・・・
日本人なら知ってそうで誰も知らない染物。
知ってほしいと心から感じるもの。

そもそも藍染とは何ぞや。


専門的に言う…とタデ科…の一年そ…う…zzz zzz。

すんげ~ザックリ言うと、

草の藍染(天然藍、正藍と呼ばれます。スクモを醗酵させて染めます。
         環境/身体にとても良く、移染、色落ちはありません。) 

化学藍染(インディコピュアとか呼び方色々あります。タールコールから
        インディコ色素を作り還元剤を使用し染めます。
        洗う度に色が落ちて移ります。)

の2種類あります。いやホントざっくりですからね。少しづつね。難しい話は。

で?何が違うのかっていうと…
え~…今日はここまでにします。

とにかく2種類の藍染めがあるという事です。

次回は
『藍は生きている』 ~天然藍・灰汁醗酵建て~
をお送りします。ぷぷ。

※blue-worksでは天然藍灰汁醗酵建てによる染色を行っております。
 また、正藍をあえて天然藍と表現しています。紺邑・大川さんご了承下さい。

↓ 応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
[PR]
by blueworksjonnobi | 2009-10-17 18:10 | 藍染の話


天然藍染工房blue-works    のブログです。


by blueworksjonnobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Official Homepage


【天然藍染工房ブルーワークス】


藍染の通信販売。
オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。

◆◆◆ N E W S ◆◆◆

【カフェ休業のお知らせ】
カフェ・ギャラリーは只今
長期休業しております。
お間違えの無いよう
何卒宜しくお願いします。

【藍染体験のご案内】
天然藍を体験してみたい方や
染めて欲しい布や糸がある方は
お問い合わせ下さい。
℡048-984-7433


◆◆◆ L I N K ◆◆◆

【つれづれ雑記帳】
版画家/イラストレーター
野見山 響子さんのblog
兎とか羊とか旅してます。

【新!泥声人語】
陶芸家/アートディレクター
出町 光識さんのblog
art! art! art!
陶芸家というより、美術家。

【cafe furacoco】
野田にある古民家カフェ。
本当に食べたい飯が
ここにはありました。

【Daisuke Nakagawa】
フョトグラファー
中川大祐さんのblog
ヤツの写真はエロ切ない。

【TANGIERS CAFE】
草加のお洒落cafe&bar
男臭くて好きだなぁ。

【 OPUS 】 
Handmade shoes
靴作家
井竹宏幸さんのblog
ここぞって時に履きたい靴。

【 himecov 】
料理人
清水 愛さんのblog
心あるケータリング。
響くわ。

【江州屋メモ】
昭和2年築のゆらゆら
ガラスの商店には鍛鉄作家
加成幸男さんの鍛鉄作品
が並んでます。

【着物の葛籠】
着物スタイリスト
鳴海 彩詠さんのblog

【RIKA ARAI designs 】
デザイナー/パタンナー
荒井リカさんのblog
ワールドワイドな作家。

【あの扉開くまで。行くのだ。】
木製の椅子
Vo/シマダユリカ
G/松澤雅城のblog
お前らカッコ良すぎ!!!

カテゴリ

全体
藍染の話
カフェの話
古民家の話
生地の話
おもしろき人々
日々のこと
映画の話

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新のトラックバック

タグ

(72)
(44)
(33)
(30)
(26)
(23)
(17)
(11)
(10)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧