アホでも分かる藍染講座④

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

ご無沙汰しております。
桜も散り、雪が降りましたね。うん。おかしいですね。

これは… 農作物を生業にしている人はきっと困るんじゃないでしょうか?

本日④時間目は最初のインジコ 【すくも】 についてですが
すくも作りも丁度今頃に種を蒔きますので心配ですね。

さてさて。何度も言いますが藍染とは

葉に含まれる色素インジカンを様々な化学変化を経て
最終的に糸・布に色素インジコという状態で安定させる。

ということです。
実はこの葉に含まれる色素インジカンは水に溶けます。

水に溶ける…??

…ってことは染められるじゃん!!

そうなんですよ。溶けるんです染まるんです!!

この特性を生かしたのがご存知、藍の生葉染めです。
葉と布をゴシゴシ揉んだり、葉を水に浸して色素が溶け出した時に染色します。
最も原始的で藍染のルーツはこの生葉染めと考えられます。
お客様と話していると、藍の生葉染めをしたことがある人が結構いるのに驚きます。

この藍の生葉染め、私にとってかなり可能性を秘めた染色法ではないかと興味深深です。
なぜなら絹やウール系の動物性繊維の素材を痛めず、堅牢で薄い色を出せると思うからです。

カシミヤ、アルパカ、ウール、正絹。動物性の繊維を堅牢で薄く光沢のある水色に染める。
これこそが多くの紺屋の目標なのではないだろうか?
(この辺の話は長くなりそうなので別の機会に書かせて頂きます。)

でもね…。
前述したように葉に含まれる色素は、ほんのチョビットのハナクソヤローなんですよ。
しかも葉が茂っている時期、その場でしか染色できない上、濃い色は出せないときたもんだ。

ハナクソ程の色素じゃ仕事になんねぇーよ!!

って先人が言ったかどうか知りませんが、多分仕事にならなかったんでしょうね。はい。
だからね。沢山の葉をギュ~…っと濃縮できねぇかと知恵を絞ったんですね。
ここがスゴイ所ですね。化学変化や菌という概念がない時代に経験と勘で
なんなく乗り越えるわけですから。

葉を刈ると水溶性の色素インジカンは酵素の働きで見る見る不溶性のインジコに変わります。
乾燥した葉は真っ青になり、この時点で不溶性のインジコですから染色できません。
一旦インジコに安定してしまえば、建てて(還元して)いつでも染色できますし
何より出荷できるのです。

しかしそのままでは大変な量の乾燥葉ですので、約100日間醗酵させ堆肥状に
ギュ~…と濃縮させます。そうして出来上がったもの。
つまり、タデの乾燥葉を堆肥状にしたものを 【すくも】 といいます。

言い換えれば 【すくも】 とは少ない色素をギュ~…と濃縮させて、
いつでもどこでも染色できる状態にした堆肥状のタデの葉ということです。
c0182784_1436626.jpg

【藍を切り返し醗酵させる播磨藍・村井さん】
※私がお世話になっている藍師さんですが、染色α2005.6の掲載写真ですので
 問題があれば削除いたします。

約一年を費やして栽培から醗酵、そして 【すくも】 までの工程を製藍といい
製藍を生業にする人を藍師 (あいし) といいます。

基本的に藍師が 【すくも】 を作り紺屋が染色するという分業なのです。

この 【すくも】 の製藍技術と醗酵建ての技術があれば、いつでもどこでも
藍染ができるようになったのです。

そして時は江戸中期。各藩の奨励もあり木綿が爆発的に庶民に浸透してゆきます。
綿や麻等の植物性繊維と醗酵建ての藍は、堅牢性も染色条件も相性がとてもよっかのです。
(他の草木染めは絹やウール等の動物性の繊維と相性が良い。)

木綿の普及製藍技術醗酵建技術、この3つが見事に噛み合った事によって
Jaan Blueと言われる程に日本人の日常生活にとって、不可欠な染め物となっていったのです。


江戸時代。

それは藍染のみならず染織工芸、いや全ての伝統工芸が切磋琢磨し絶頂を迎えた時代でした。
まさに手仕事の黄金時代と言えるではないでしょうか。

※独学ですので、間違った表現や訂正すべき箇所はご連絡下さい。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-04-18 15:08 | 藍染の話


天然藍染工房blue-works    のブログです。


by blueworksjonnobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Official Homepage


【天然藍染工房ブルーワークス】


藍染の通信販売。
オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。

◆◆◆ N E W S ◆◆◆

【カフェ休業のお知らせ】
カフェ・ギャラリーは只今
長期休業しております。
お間違えの無いよう
何卒宜しくお願いします。

【藍染体験のご案内】
天然藍を体験してみたい方や
染めて欲しい布や糸がある方は
お問い合わせ下さい。
℡048-984-7433


◆◆◆ L I N K ◆◆◆

【つれづれ雑記帳】
版画家/イラストレーター
野見山 響子さんのblog
兎とか羊とか旅してます。

【新!泥声人語】
陶芸家/アートディレクター
出町 光識さんのblog
art! art! art!
陶芸家というより、美術家。

【cafe furacoco】
野田にある古民家カフェ。
本当に食べたい飯が
ここにはありました。

【Daisuke Nakagawa】
フョトグラファー
中川大祐さんのblog
ヤツの写真はエロ切ない。

【TANGIERS CAFE】
草加のお洒落cafe&bar
男臭くて好きだなぁ。

【 OPUS 】 
Handmade shoes
靴作家
井竹宏幸さんのblog
ここぞって時に履きたい靴。

【 himecov 】
料理人
清水 愛さんのblog
心あるケータリング。
響くわ。

【江州屋メモ】
昭和2年築のゆらゆら
ガラスの商店には鍛鉄作家
加成幸男さんの鍛鉄作品
が並んでます。

【着物の葛籠】
着物スタイリスト
鳴海 彩詠さんのblog

【RIKA ARAI designs 】
デザイナー/パタンナー
荒井リカさんのblog
ワールドワイドな作家。

【あの扉開くまで。行くのだ。】
木製の椅子
Vo/シマダユリカ
G/松澤雅城のblog
お前らカッコ良すぎ!!!

カテゴリ

全体
藍染の話
カフェの話
古民家の話
生地の話
おもしろき人々
日々のこと
映画の話

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新のトラックバック

タグ

(72)
(44)
(33)
(30)
(26)
(23)
(17)
(11)
(10)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧