アホでも分かる藍染講座②

******************************************
【藍染の通販・販売 天然藍染工房ブルーワークス】
染場からお客様へ!オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。
******************************************

おはようございます。いい天気ですね。

さて。二時間目でございます。

え~… 

前回の復習をしますと、

藍染とは 様々な化学変化を経て、インジコという色素で安定させる でしたね。はい。


…大丈夫ですか?
…忘れてましたね?


今日はですね。
様々な化学変化を経てとは何ぞやというお話です。
なぜ化学変化をしなくてはいけないのか? ということですね。

もうね。
化学変化って聞くだけで眠くなっちゃうんでね、結論から言いいますよ。

インジコ色素が水に溶けないからです。
はいコレ超重要です。

この【インジコ】という誰もが耳にする色素。
コイツがなかなかメンドクサイ奴で、水に溶けないんですよ。
この特性が色移りせず、堅牢な生地を生み、最終的に大いに活躍してくれるんですが、
その前に染められないんですよ。はっはっは。
染料じゃなくて顔料ってやつですね。基本的に。溶けないから。

じゃあどうやって染めるんかい!!

って話になるんですが、ここでやっと様々な化学変化ですわ。

染められるように (水に溶けるように) 化学変化させてやるんですわ。
ソレを建てると言います。
はいキタこれまた超重要です。テストに出ます。

灰汁と藍菌の醗酵で建てるので  灰汁醗酵建て
化学薬品で建てるので        化学建て

となるのです。

色素が (インジコが) 水に溶ける状態 (建った状態) で染める。

でもね。。。
糸・布にインジコが水に溶ける状態でいたら、洗った時に落ちたり色移りしちゃいますよね?

だったら水に溶けない状態に戻したらんかいっ!!

って事になりまして、これが実にウマイ事できていて空気に触れて (酸化して) 発色し
不溶性のインジコに戻るわけですよ。

まとめると。

不溶性の色素インジコを

水溶性の染められる状態に化学変化させて( 還元させて ) 染める。

&酸素とくっついて ( 酸化して ) 不溶性の色素インジコに戻る。


つまり私達が見ている青く染まっている糸・布は不溶性のインジコでありまして、
色移りしない堅牢な生地なんですね。う~む。エライ!!
c0182784_15405945.jpg

 ↑ このパンツは私が実験的に洗濯機で普通の洗剤で洗濯したパンツです。
   撮影当時は多分、5年くらいたっていたと思いますが、染めていない部分に藍が
   移染はしていません。摩擦により色はあせていきますが、移染は理論上ありえないのです。
   染めたての時は他の衣類に【乗っかる】ることもありますが、洗えば落ちます。

まさに自然界で巻き起こる菌と化学変化のアドベンチャー。
なぜこんな事を思いついたのか、どうやってここに辿り着いたのか、
知れば知る程、噛めば噛む程、先人の知恵に脱帽するばかりなのです。

次回はもう少し詳しく、専門的に色素がどのように変化してゆくか?
をお話したいと思います。

藍染って本当にいいもんですね。
さよなら。さよなら。さよなら。

※独学ですので、間違った表現や訂正すべき箇所はご連絡下さい。

応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
↓ すんません。こちらもお願いします ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by blueworksjonnobi | 2010-04-01 16:06 | 藍染の話


天然藍染工房blue-works    のブログです。


by blueworksjonnobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Official Homepage


【天然藍染工房ブルーワークス】


藍染の通信販売。
オーガニックコットンを藍染した藍染製品の専門店です。

◆◆◆ N E W S ◆◆◆

【カフェ休業のお知らせ】
カフェ・ギャラリーは只今
長期休業しております。
お間違えの無いよう
何卒宜しくお願いします。

【藍染体験のご案内】
天然藍を体験してみたい方や
染めて欲しい布や糸がある方は
お問い合わせ下さい。
℡048-984-7433


◆◆◆ L I N K ◆◆◆

【つれづれ雑記帳】
版画家/イラストレーター
野見山 響子さんのblog
兎とか羊とか旅してます。

【新!泥声人語】
陶芸家/アートディレクター
出町 光識さんのblog
art! art! art!
陶芸家というより、美術家。

【cafe furacoco】
野田にある古民家カフェ。
本当に食べたい飯が
ここにはありました。

【Daisuke Nakagawa】
フョトグラファー
中川大祐さんのblog
ヤツの写真はエロ切ない。

【TANGIERS CAFE】
草加のお洒落cafe&bar
男臭くて好きだなぁ。

【 OPUS 】 
Handmade shoes
靴作家
井竹宏幸さんのblog
ここぞって時に履きたい靴。

【 himecov 】
料理人
清水 愛さんのblog
心あるケータリング。
響くわ。

【江州屋メモ】
昭和2年築のゆらゆら
ガラスの商店には鍛鉄作家
加成幸男さんの鍛鉄作品
が並んでます。

【着物の葛籠】
着物スタイリスト
鳴海 彩詠さんのblog

【RIKA ARAI designs 】
デザイナー/パタンナー
荒井リカさんのblog
ワールドワイドな作家。

【あの扉開くまで。行くのだ。】
木製の椅子
Vo/シマダユリカ
G/松澤雅城のblog
お前らカッコ良すぎ!!!

カテゴリ

全体
藍染の話
カフェの話
古民家の話
生地の話
おもしろき人々
日々のこと
映画の話

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新のトラックバック

タグ

(72)
(44)
(33)
(30)
(26)
(23)
(17)
(11)
(10)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧